協会工法規格(2017年)
下記の18種を協会工法規格とする。適用する道路の舗装状態、仕上区分、骨材の種類・粒径などにより標準化をはかった。
協会工法
規格番号
内容 適用
舗装面
仕上
区分
樹脂系
バインダ
硬質骨材 トップコート 施工量
u/日
備考
塗布量
s/u
種類 粒径
(mm)
散布量
s/u
塗布量
s/u
RPN-101 密粒 全面施工 1.9 3.5〜1.5 8 - 350  
RPN-102 排水性 2.5 8 - 350 排水機能なし
硅砂で舗装面を充填(2.6kg/u)
RPN-103 密粒 ゼブラ施工 1.9 8 - 200  
RPN-104 排水性 2.5 8 - 200 排水機能なし
硅砂で舗装面を充填(2.6kg/u)
RPN-201 キラキラ 密粒 全面施工 1.9 炭化珪素質 3.5〜2.0 8 - 350 カラーキラキラを含む
RPN-202 排水性 2.5 8 - 350 カラーキラキラを含む・排水機能なし
硅砂で舗装面を充填(2.6kg/u)
RPN-203 密粒 ゼブラ施工 1.9 8 - 200 カラーキラキラを含む
RPN-204 排水性 2.5 8 - 200 カラーキラキラを含む・排水機能なし
硅砂で舗装面を充填(2.6kg/u))
RPN-301 カラートップ 密粒 全面施工 1.9 カラー 3.3〜2.0
(A1粒)
6.5 0.2 250  
RPN-302 排水性 2.5 6.5 0.2 250 排水機能なし
硅砂で舗装面を充填(2.6kg/u)
RPN-303 密粒 ゼブラ施工 1.9 6.5 0.2 150
RPN-304 排水性 2.5 6.5 0.2 150 排水機能なし
硅砂で舗装面を充填(2.6kg/u)
RPN-401 密粒 Wゼブラ 1.9 カラー


3.3〜2.0
(A1粒)

3.5〜1.5
8.0+6.5
2
0.2
2
120 ETCレーンも含む
RPN-402 排水性 2.5 8.0+6.5
2
0.2
2
120 ETCレーンも含む・排水機能なし
硅砂で舗装面を充填(2.6kg/u)
RPN-501 密粒 全面施工 1.7 カラー 2.0〜1.0
(A粒)
6 0.2 150 歩道、自転車道
RPN-502 透水性 2.3 6 0.2 150 排水機能なし
歩道透水アスコン、自転車道
硅砂で舗装面を充填(2.6kg/u)
RPN-601  排水性ニート 排水性 全面施工 1.1 カラー 1.0〜0.5
(B粒)
4 0.2 160 排水性機能を有する
RPN-602 排水性 ゼブラ施工 1.1 4 0.2 120 排水性機能を有する
付記事項
1.  全工法とも新設アスコン舗装面施工を標準としている。
2.  既設アスコン舗装上施工の 樹脂系バインダ標準使用量 密粒舗装面 骨材(A1粒)・・・・  1.6s/u
        骨材(A粒)・・・・・  1.4s/u
      排水性・透水性舗装面 ・・・・・・  2.2s/u
3.  コンクリート舗装上施工の プライマー標準使用量 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  0.2s/u
    樹脂系バインダ標準使用量 骨材(A1粒)・・・・  1.6s/u
    骨材(A粒)・・・・・  1.4s/u
4.  RPN-201〜204は、太陽光およびヘッドライトにより反射し注意を喚起するもので、高輝性すべり止め舗装と呼ばれている。
5.  排水性ニート工法の樹脂系バインダは専用樹脂を使用する。骨材は専用骨材を使用する。
6.  ゼブラ仕上げは、段差となり振動音を伴うので、2色を交互に連続して施工するWゼブラ仕上げで対応する方法がある。
7.  排水性舗装面を充填するための硅砂は5号〜6号硅砂を使用する。 硅砂標準使用量・・・・・・・・・・  2.6kg/u
8.  ETCレーンはRPN-401、RPN-402を青、白の着色磁器質骨材の組合せで対応する。
  9.  排水性ニートRPN-601、RPN-602の樹脂系バインダの使用量は新設、既設とも1.1kg/uである。
  10.  RPN-601、RPN-602の樹脂系バインダは可撓性エポキシ樹脂であり。
 
Close Window

Copyright (C) 2001 Technical Association of Resin Pavement. All Rights Reserved.